東京日本橋ロータリークラブ

会員様専用members only

Facebookでシェア

会長挨拶 greeting

本年度クラブ運営方針

2019-20年度会長 井口 武雄

―うるわしい日本橋、うるおいのある親睦、活力みなぎる奉仕活動―

1. 国際ロータリーのマーク・ダニエル・マローニー会長は「ロータリーは世界をつなぐ、ROTARY CONNECTS THE WORLD」を掲げた上で、次のロータリーのビジョン声明を発しました。

「私たちロータリアンは、世界で、地域社会で、そして自分自身の中で、持続可能な良い変化を生むために、人びとが手を取り合って行動する世界を目指しています」そして次の強調事項をあげています。

(1) ポリオ撲滅の達成
(2) クラブサポートの強化及びクラブ基盤の強化
(3) 人道的奉仕の充実、公共イメージと認知度の向上
(4) インターアクト、ローターアクトの育成と支援

2. 地区ガバナーの方針

浅田ガバナーの掲げるテーマは「5000人の仲間をつなぐロータリー」です。
このテーマの下に2つの運営方針を明確にされました。

(1) 地区運営計画に基づき計画性、一貫性のあるクラブ支援を実施する
(2) 地区委員会の連携を強め情報を共有しクラブ支援を実施する

その上で地区推進条項として

(1) ポリオ撲滅の達成
(2) クラブの基盤強化
(3) 会員、ロータリークラブ、地区、RIの繋がりの強化
(4) 地区補助金、グローバル補助金を活用したプロジェクトの情報提供と実行支援
(5) <あなたのためのロータリー>(仮称)の実施
(6) 2020年東京オリンピック・パラリンピックの支援

が掲げられさらに

(1) 会員基盤向上に向けて積極的情報共有
(2) ロータリー財団への支援
(3) 公益財団法人ロータリー米山記念奨学会への支援

が示されています。

3. クラブ運営方針

日本橋ロータリークラブは「うるわしい日本橋、うるおいのある親睦、活力みなぎる奉仕活動」をテーマに活動していきましょう。
日本橋は深い伝統と時代に沿った変革が見事に融合している街です。
特に最近の再開発によって人々の心にうるわしさが増しています。
このような素晴らしい街で心と心が通い合った親睦を深めその力で本当に喜ばれ頼りにされる奉仕活動を実行していきたいと思います。

それを確実なものにする為には健全な財務基盤が必要です。
会員の増加に加え「変えるべきものは変え、変えてはならないものは変えない」を基本に支出も見直していきましょう。

具体的な方策はこれから作り上げていきますが、これを基本にした活動を1年間着実に進めることによって国際ロータリーと地区ガバナーのテーマに沿ったクラブの運営が出来ると思います。
会員の心がつながり、地域とのつながりが増し、世界に翔くロータリアンも生まれるのではないでしょうか。
各委員会の委員長、副委員長、委員そして全会員の皆様の積極的なご提案と活動をよろしくお願いいたします。

  • 東京日本橋ロータリークラブ ご案内
  • 同窓会のご案内
  • Rotary International
  • 国際ロータリー第2750地区
  • ロータリージャパン
  • 公益財団法人ロータリー日本財団
  • 公益財団法人ロータリー米山記念奨学会
  • ロータリー文庫