東京日本橋ロータリークラブ

会員様専用members only

Facebookでシェア

会長挨拶 greeting

本年度クラブ運営方針

2020-21年度会長 長谷川 徳二郎

―明るい日本橋、元気な日本橋、何事にも負けない日本橋―

1.「ロータリーは機会の扉を開く」

これが国際ロータリー2020-21年度会長 ホルガー・クナーク氏が掲げたテーマです。
上記のテーマを具体化させるために、先ず「いかにしてロータリーを成長させることが出来るかを考えていきたい」と述べています。

次にロータリーは変わらなければならないと述べています。若い世代の声を聞き、より魅力的なものにするため、

(1) 環境にもっと焦点をあてること
(2) 新しい人との出会いを楽しむこと

以上のことから、ロータリーはクラブに入会するというだけでなく、無限の機会への招待ですと述べています。
私たちのあらゆる活動が、どこかで、誰かのために機会の扉を開いています。

以上を受けて、2020-21年度 国際ロータリー第2750地区 ガバナー 福原有一氏は「長年の友人を選ぶように」、そして「時代の変化に合わせるように」、そして「多様性を重視しながら」ロータリーの機会の扉を開けたいと感じたと述べています。
ただ福原氏は、更に扉を開ける私たちにとって、その開け方は人によって違います、その時重要なのは「バリアフリー・マインド」、すなわち相手と同じ視線に立つことが重要なのだと述べています。

2. クラブ運営方針

東京日本橋ロータリークラブは「明るい日本橋、元気な日本橋、何事にも負けない日本橋」を基本に据えて、「親睦と奉仕活動」を強力に推進させていきましょう。
今、日本ではコロナ・ショックで国全体が暗く、活気がなくなってきました。このような百年に一度あるかどうかという天災に負けることなく、日本の伝統の一翼を担ってきた日本橋という高い自負を持って、この難局を乗り越えていきましょう。

  • 東京日本橋ロータリークラブ ご案内
  • 同窓会のご案内
  • Rotary International
  • 国際ロータリー第2750地区
  • ロータリージャパン
  • 公益財団法人ロータリー日本財団
  • 公益財団法人ロータリー米山記念奨学会
  • ロータリー文庫